FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
あけましておめでとうございます。
本年も、マイペースですが、更新を続けていきたいと思っています。
いつも皆さんの声が励みになっています。感謝です。
今年もよろしくおねがいします。

さて、

皆さんは今年の抱負を決められたでしょうか。

自分のできる範囲の事で良いので
何か目標を立て、それを実現できるととても嬉しいものですよね。

SMに関係する目標の場合、
あまり声を大にして言えない事かもしれませんが、この機会に
ぜひ心の中でこっそりと決めてみるのも、よいかもしれません。

たとえば
今年は主人のためにもっと美しくなりたい
今年は言葉遣いを頑張ってみよう
もっといっぱい感じられるようになりたい
等々

でも、

どうせ私は~だから、目標立ててもできなそう・・
できなかったとき、傷つくのが恐い・・。

なんて考えているひとはいませんか。

そういう方は
「自分はよく頑張っている」と、
今年、自分を大切にしてあげてください。


さて、私の調教では
奴隷に、年初めに限定して、目標を決めさせることはあまりないですが、
それでも、日々、目標はわりあい大切だと考えています。
調教とは奴隷を成長させる行為といえるからです。

そういう積み重ねが、
よりよい奴隷、
主人好みの奴隷へと成長させるのです。

例えば・・
単に恥ずかしくていやらしい命令だと思っていたけれど、
それが繋がって、もっと恥ずかしいことができるようになる・・

躾を通して、もっといい女になる・・

そして、うまくできないながらも、頑張る奴隷は愛らしいものです。


「命令」というのは、目標に至るプロセスの一番小さな単位なのかもしれませんね。






ページトップへ戻る
いろいろと書きかけのエントリーはあるのですが、
仕事がとても忙しく、なかなか考えがまとまらないです。


仕事ばかりだと、
プライベートでしたいことも貯まってきます。

なにか抑圧された状態がつづくと、
その後の自由な時間はひときわ貴重にかんじますね。


反対に、
時間が無尽蔵にあると、
もしかすると、その貴重さを実感できないし、
逆に何をしたらいいのか、わからない事があるのかもしれません。

人は、何らかの条件下で最も力を発揮できる、
または充実した気持ちを得ることができる面があると思います。

おおげさな事を言えば、
生命が有限な事と関係しているのかもしれません。

全てが自由な状態は、
逆に人を不安に陥れる事があります。

それとM性って関係あるのでしょうか。

あるような気がしませんか。





ページトップへ戻る
また長く更新できませんでした。

一部の方にはご心配までいただき、感謝です。

コメントでリンク等のお話がありましたが、ありがとうございます。修正やリンクを付け加えさせていただきました。

さて個人的には最近、復活、といった気持ちです。
色々な意味で今年は中断していたものを復活させたい。

単純な例で言えば積み上がった本。

久しく顔を出していないコミュニティがありますので、そちらも復活を。

さらにたとえば
考えることを止めていた事を再び考える。
いつも引っかかっていたけれど、難しい問題で考えることをやめてしまった事に向き合う。


時間は有限でその配分を間違えると、後になってとんでもないことになりますよね。
今はその修正が必要だと感じます。





FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る
都内は少し人口密度が下がった気配がありました。
電車が空いています。
休みですから、どこかへ行かれている方が多いでしょうね。

わたしも、一仕事終わるとどこか遠くに行きたくなることが多々あります。
長めの休みを(無理して)とって旅するのが理想です。

プライベートな旅行はもちろん、仕事の出張も、
海外、国内問わず、知らない土地を巡ることは、私の好むことです。

自然の色彩や匂い、初めての街並みが、
日常生活でよどんだ頭をクリアにしてくれます。
ガツンと脳が痺れるような未知なる体験があれば素敵です。
古代の遺跡を見ることはもちろん、なにげない街の使い古された石畳を見るだけでも、よいものです。



とはいえ、
悲しいかな飛行機を使った移動は好きではありません。
皆様はいかがでしょう。

私の場合、単純に飛行機が苦手だからなのですが・。

搭乗や、トランジットなどの待ち時間を愉しく過ごしている人を見ると羨ましく思います。
飛行機に乗るまでの時間はけっこう苦痛です^^

飛行中も唸っています。

でも、着陸する際に窓から見える見知らぬ光景には、いつも目を奪われます。
そして空港から出た瞬間の高揚。

フライトが長い分だけ、知らない世界が広がってるのですから、
必要悪?
それはそれでよいものなのかもしれませんね。






ページトップへ戻る