FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
深く腰掛ける私の前には、全裸の奴隷があった。



奴隷に奉仕をさせようかという風に頭を掴み、
こちらに引き寄せる。


性器に鼻先が触れるか触れないか。

匂いを感じ取ったのか奴隷は、
何かを期待したような恍惚とした表情をうかべ、私を仰ぎ見る。

そして首をすこしだけ傾げる。

もちろん、私が命ずるまで舌を伸ばすことはしない。

だが、私は気が変わったかのように、掴んだ頭を元の位置に戻し
微笑む。

お預けをくらったような、自分の心を見透かされたような行為に、
奴隷は羞恥心を覚えたのか複雑な表情を奴隷は見せる。



「そう、我慢しなさい」

その表情が気に入った私は、そう言う。

髪を掴むと奴隷は目を閉じる。

頬を叩く。

表情が気に入った褒美として。

奴隷はもちろん避けることすらしない。そのまま恍惚とした表情のまま受け入れる。




ふと昼間の奴隷の姿を思い出す。

紺のスーツを軽やかに着こなし、足元にはキャリーケース。

出張帰りの足で、そのまま待ち合わせに来ると言っていたから、仕事着のままだった。
姿勢がいい。

高い背筋を伸ばして立つ姿から、淫靡さは微塵も感じさせない。

待ち合わせ場所で、先に到着した奴隷は涼しい顔をして、携帯電話で話をしている。

相手に通じないことでもあるのか、何かを説明するその姿は、ビジネスライクな表情だった。




足先を脚の間にすべりこませ、弄ぶと、
もちろんそこは溢れるほど濡れている。

小さな声がする。

自分の心を見透かされる悦びか、それともじれったさからくる悦びか。

意地悪く、私は奴隷に命ずる。

「そこに立ち、じっとしてしなさい、動いてはいけない」

少し離れた場所に奴隷をおくと、そのまま私は奴隷を放置して鑑賞しはじめる。

奴隷は健気に、昼間と同様、背筋を伸ばして待つ。

違うのは、身体を捩りながら、

羞恥心にまみれた表情でいること。








感想等はこちら

ページトップへ戻る
関連記事
コメント
お世話になっております。
また前回コメントできず申し訳なかったです。
今回の記事は、凄く想像する事が出来ある意味興奮しました。
前回の「許しを乞う」ともリンクしているようで、想像が膨らみました。
「おあずけ」最近してませんね。。
と言いますか、最近調教らしい事をしてないような・・・
毎回勉強させて頂いており、刺激になっております。
ありがとうございます。
2010/10/04(Mon) 03:22 | URL | kimu | 【編集
No title
kimuさん
コメントありがとうございます。
興奮していただけたなら、嬉しいですね。
放置に感じるMもあるようで、なかなか珍しいM性かもしれません。
調教していませんか?お忙しそうですね。
たまったぶんを放出するような調教も、
私の場合、我慢していた分、楽しんでいるような気がします。
2010/10/07(Thu) 00:56 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/18(Thu) 19:02 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/10(Fri) 22:03 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/14(Fri) 14:54 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック