FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
正座し詫びる奴隷の頭を踏む。

特に自分の立場をわきまえていない奴隷が
謝罪しているときにそうする。

頭頂部を踏むと奴隷の額は床に押し付けられる格好となり、

犯した罪は、
額を床に触れる程度では許されない事実が
奴隷にはっきりと伝わる。

その時のSの心境は?

奴隷にそれが必要だと感じたから与える。

頭を踏んだからといって、
私の気がはれる、という性質のものではない。



一方で、謝罪と関係ないところで足を使うことがある。

奴隷が床で身体を身悶えさせているとき、
顔を横に向かせ頬に対して。

それは私がそうしたいからする行為。

楽しむためにする。

それにより奴隷のなんとも言えぬ表情を見ることができる。
それは恍惚の表情。

奴隷は自分の立場を再確認し、その立場に没入する。


私側からすると、
女性の美しさは顔に集中しているがゆえ、
美しさの源を辱める行為こそ、好むところだ。

頬を叩くのも、イラマチオするのも、
顔が見えるという点で、
それと似た感触がある。

自分の役割を心得た奴隷は愛らしい。

物理的な行為よりも、
その表情や、その背後にある感情を楽しむのが、
私の嗜好だ。






FC2 Blog Ranking

感想等はこちら

ページトップへ戻る
関連記事
コメント
No title
私は床から見上げるご主人様のお顔が好きで…足を舐めさせていただける事になんとも言えない幸せを感じます。ご主人様により自分の性癖に気づきました。ご主人様のお足元は私の精神安定の唯一の居場所です。
2009/06/28(Sun) 21:12 | URL | aki | 【編集
No title
いつも拝見させていただいています。突然の書き込みをお許しください。
書かれる言葉に感じてしまうことがあります。奴隷の方が羨ましいほどに・・・
2009/06/29(Mon) 13:44 | URL | sono | 【編集
No title
akiさん
足を使われるというのは、実際に与えられないと分からない性癖なのかもしれませんね。
足元は最も低い場所というのも関係しているかもしれません。
2009/07/03(Fri) 02:07 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
No title
sonoさん
いつもありがとうございます。
言葉で感じる。とても嬉しい言葉です。
精神的な主従だからこそ感じるのかもしれませんね。
これからもよろしくどうぞ。
2009/07/03(Fri) 02:13 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/15(Sat) 09:09 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック