FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
奴隷は主人に接する際、「節度」を持つべきです。

例えば、
貴女のご主人様はとても優しい。
主従関係とはいいながらも、ある程度、貴女の要求を受け入れてくれます。

貴女は、それに乗じて自分の要求の度合を深めていきますか?
優しいから、つい、わがままを言ってしまいますか?

それとも節度をもって、奴隷としての自分の立場をわきまえ、
自分で自分をコントロールしますか?

これが節度だと思います。

節度は、躾けることが難しいものの一つです。

節度を知らぬ女性は、自分の欲求が通らぬ場合、いとも簡単に不満を募らせるからです。
その不満に対して、簡単にその不満を解消してやる主人は愚かです。


たとえば考えるヒント。

普段の調教ルールからあり得ないことを
何かの褒美として奴隷に与えることがあります。

「~をして良いよ」

奴隷にとって、とても嬉しい言葉。

貴女ならどうしますか。

もちろん、主人の気持ちを素直に感謝して受け止めてもよいのです。

ですが、お気持ちだけで嬉しいです、と言える奴隷は節度を知っています。






感想等はこちら

ページトップへ戻る
関連記事
コメント
なるほど…
お世話になっております。
なるほどと関心させられる記事ですね。
私の愛奴は節度がありませんね。
って言うか私自信が節度がない主人かも知れないです。
いつも勉強になります。
これからも宜しくお願いしますね。
2009/03/09(Mon) 00:11 | URL | kimu | 【編集
No title
ありがとうございます。
節度ってほんとうに難しいですね。
躾けあげる目標の一つですが、なかなか^^
これからもよろしくお願いします。
2009/03/15(Sun) 22:53 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/16(Mon) 03:13 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック