FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
悦子は言った。

「現実に奴隷調教される事は、今までの人生を捨てるくらいの覚悟がいります
そうでなければ、奴隷調教される意味が感じられません、、
あれだけ生意気だった悦子に奴隷として生きていくことを教えていただき
世間的に見れば嫌らしくて下品で汚い奴隷が
本当は悦子にとって幸せで素敵な状態だったことに気づくことができました
もし社会生活を捨てて毎日御主人様に飼って頂いたらけだもののように
本能のみでいきる動物になってしまうかも知れません。
一般常識で言うとそれは最低な行為なのでしょう。
しかしもっと奥深く考えられる人にとっては
それこそが本物の幸せなのかも知れません。
その覚悟はとても大きなものがあります。
おおきなためらいがあります。
本当にわたしは・本当のわたしになってしまってよいのでしょうか」


人生を捨てるくらいの覚悟が必要だからこそ、
その一歩踏み出す勇気が必要であればある程、
その言葉が発せられるたびに
悦子の気持がわたしの心に伝わってきた。
Mが故の気持ち。
その気持が伝えられるたびに、わたしは悦子が奴隷に
抱いている気持の強さを思い知った。

悦子は考える。
自分の理性は大丈夫なのだろうか。
知性を持った人間としての生活をおくれるのだろうか。
こわれてしまうのではないか。

彼女は頭の中で考え
その反対で
心で感じ
葛藤した。


FC2 Blog Ranking
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック