FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
イラマチオは口を女性器にみたてて、男性に一方的に使用される行為。

喉奥に向けて突き立てられることもあるのだから、
普通、された女性はたまったものではない。
むせてしまう場合が殆どで、喉を傷つけてしまう場合もあるかもしれない。

でもM女性の中にはこれを好む方がいるのも事実。

奴隷にとって能動的だった奉仕という行為が、受動的な行為に変わり、
奉仕と違って責めの一種になるのだから・。
口が征服される瞬間です。

視点を変えてS側から見ると、
イラマチオはS心を満たし、口を犯すかのよう。
フェラチオの方が物理的快楽は多いものの、
鞭を振るう事とセックスとの二つを混ぜたような感覚がある。


身体を縛り、壁に背を向けさせ、逃げ場をなくして。

頭を両手で掴んで。

ベッドに寝かせて、上から…。

こうやってM女性は、
支配されている実感を得、
自分の身体が誰のものであるかを再認識し、
被虐の悦びを覚えながら、
快楽の沼に引きずり込まれていきます。

普通のセックスとは明らかに別種の悦びです。





ページトップへ戻る
関連記事
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/25(Tue) 00:48 |  |  | 【編集
No title
支配されてる気持ちはありますよね~私も好きな方かも。でも、ご奉仕のときに、何処まで入るかな~って密かに練習してたら、上から頭をおさえつけられてゲホゲホしたり(笑)そこで固定されて動けなくされると、変に感じます。。。。
2007/09/25(Tue) 08:27 | URL | mako | 【編集
No title
自分の身体が誰のものであるかを
再確認することができること・・・
その言葉に尽きると思います。
ターミは、心も身体も、人生も
ご主人様にささげ、そして、
ご主人様のお望みの奴隷になるよう
努力を怠らずに成長していきます。
2007/09/25(Tue) 22:50 | URL | ターミ | 【編集
No title
ひみつさん
ありがとうございます。一番とは・・うーん、素晴らしいM気質ですね。
makoさん
急にそんなことされたら・・と思わず笑ってしまいましたが、よくよく考えたら似たようなことしてるんですよね・・。
ターミさん
奴隷から、そんな科白言われる主人は、幸せでしょう。
努力を怠らないなんて、なかなか言えません。
2007/09/27(Thu) 01:26 | URL | 宗夜 ~shuuya~ | 【編集
No title
イマラチオのちゃんとした意味
フェラチオとの違いをを今はじめて知りました。。。
うちのご主人様もかなりお好きなようです。。。
頭を押さえつけられて無理やり。。。むせたり吐きそうになったりしながらも、気持ちはかなり高ぶります
2007/09/27(Thu) 23:36 | URL | 彩夏 | 【編集
No title
彩夏さん
たしかにあまりメジャーな言葉じゃないかもしれないですね。昔を思い出してみると、わたしも、ちゃんと意味を知ったのは結構遅かったような気がします。
2007/09/29(Sat) 12:44 | URL | 宗夜 ~shuuya~ | 【編集
No title
楓の場合は自分から苦しくなるところまで咥えたくて
もがいているとご主人様が頭を押さえてくださいます。
動けなくさせられて、ムリヤリに、というのは経験がなく
・・・考えただけで震えます。
さて突然ですが、写真貼ったら閉鎖されてしまいました(爆)
移転いたしましたので、リンクの変更をお願いいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞこれからもよろしくお願いいたします<(_ _)>
2007/10/04(Thu) 01:40 | URL | 楓 | 【編集
No title
>楓さん
ブログ大変でしたね・。リンクは修正しておきました。
なにか楓さんの意図を察して、頭を押さえつけるご主人様の様子が思い浮かびますね。
今度自分から口を使って貰えるようお願いしてみるのも、
許されるなら、いいかもしれませんね。
2007/10/06(Sat) 00:44 | URL | 宗夜 ~shuuya~ | 【編集
はじめまして
初めてコメントさせていただきます。。。
凛と申します♪
『鞭を振るう事とセックスとの二つを混ぜたような感覚がある。』
なるほど!ってすごく納得しちゃいました。だって、その行為だけなのに・・・なんで彼はこんなにも感じてしまうのか、ナゾだったから。
すごく勉強になります。S心も自分の中にあるM心もw
2007/10/11(Thu) 20:57 | URL | 凛 | 【編集
No title
凜さん
初めまして。コメントありがとうございます。
そうですね。普通の男性にとっては、あまり感じない行為かもしれませんので、一般的に理解しにくい部分はあるのかもしれませんね。
2007/10/12(Fri) 02:20 | URL | 宗夜 ~shuuya~ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック