FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悦子は25歳になる美しい女だった。銀行でOLをしている。
どことなく冷たい美貌と、時折垣間見せる可愛らしさがミスマッチな女。

彼女の両親は会社経営をしていて、何不自由なく育てられた、と言う。
欲しいモノはだいたい与えられた。
今までつきあった男は、彼女のちょっとした我が儘も受け入れてくれる人ばかり。
現在の彼は優しく頼りがいもあり、なんの不満もない。

だが男性に媚びることは、自分のレベルを落とすような行為だと思っている。
自尊心が強い、というのは自覚しているが、悪いこととは思わない。
自分は幸せだと信じている。

こういう話をきくと、
安いSM小説のようだな、と思われる方も多いかもしれない。
プライドが高い女が、SMにより性に溺れていく・・。
いままで感じたことのなかった屈辱感に酔いしれる・・。

そんな話は現実にはめったにない?

彼女が最初に当時のサイトにメールしてきたとき、
たった三行しか文章を書いてこなかった。
M性診断で、8(当時のサイトに20の質問からなる貴女のM度を判定します、というページがあった。1-10で、10が最もM度が高い)でした、と感想のようなメール。

そしてチャットとメールをはじめると、頑なまでに自分はMではない、と言い張る。
珍しいタイプだった。
いろいろなM女性と話たが、Mを極度に否定する、というパターンは意外とないものだ。
一番わかりやすい反応なのに、である。

話を重ねていくと、悦子が特別に反応するポイントは、「身分」だった。
奴隷という「身分」である。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。