FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
人当たりが良く、誰からも好かれているA子さんがいる、とします。
さりげない気遣いも出来、誰に対してもいつも笑顔です。

おまけに頑張り屋さんで、少し無理をしてでも、人のために何かをしようと努力します。
いつも笑顔で魅力的なため、秘かに恋心を抱いている男も多い。

そんな彼女の心の中を覗いてみると・・

彼女は人から嫌われたくない、と考えています。

人に嫌われるくらいなら少しぐらい自分が犠牲になっても構わないと思っています。

人から何か頼まれれば断りません。
いやだな、と思ってもいつも笑顔です。

なので、いつもちょっとずつ無理をしています。
その無理は、相手のためではなく、嫌われたくないためにしています。

相手が苦しんでいるなら心配しなくてはならない。
相手が喜ぶ事をしなくてはならない。

何故なら、それが自分の意味を見いだす手段なのだから・・。

でも、それが予想以上にうまくいっています。
事実、誰からでも好かれているのです。
自分考えは、誰にも伝わっていません。
みんなから、A子さんはいい子だ、いい女だ、と思われているのです。

A子さんは私の知り合いに実在します。
事実彼女は魅力的な女性で、なにも非難しているわけではありません。

この話を主従の話に当てはめたかったんです。


主人の命令をよくきく、いい奴隷。

でも、
主人に嫌われたくないために命令をきいているとしたら、どうでしょうか。

誰でも相手に嫌われたくない一心で何かをすることはあります。

ただし、それが延々と続くなら、いずれ奴隷は疲弊してしまいそうです。

またわたしは、そういう奴隷を困ったなと思うときがあります。



A子さんは、彼氏とは悩みは尽きないようです。
彼の理不尽な要求を受け入れてしまう・・。お金を貸したり。
嫌われたくないがために、です。

でも、本人は幸せそうです。




ページトップへ戻る
関連記事
コメント
No title
金銭の貸し借りとかはダメですよね・・・私もプレイ中は何でもしなくちゃ、って思っちゃいます。言う事きけないのか!とか言われちゃうときけます~ってなっちゃうんですよね!
2007/02/18(Sun) 08:46 | URL | 豚ちゃん | 【編集
No title
無理はいけませんね。
私も、精神的にですが、
我慢をしたり、ちょっと無理をしたり、
ということがあるように思えます。
でも、それも、自分を平静に保てるある一定のラインまで。
あぁ、もうそろそろだめだな、って思ったら、
パートナーに素直に自分の気持ちを言おうと思います。
疲弊してしまう前に...
2007/02/18(Sun) 11:59 | URL | ジュディ | 【編集
こんにちは
私はSMプレー中は、好きなように言われたままのことを文句言わずやります。その行為が非常に興奮します。自分の一切の権利がないことに興奮するんです。物として扱われ、罵倒され、人間以下になるあの屈辱感は、ほかの何にも変わることのない満足感ですね。
だからでしょうか、日常はわがままですね。思うように自分の成果を表現する人間です。だから、非現実的な世界では壊してほしいのかもしれません。・
彼女のような女性は、Sになるのがバランスいいのかも^^
2007/02/18(Sun) 14:15 | URL | ピンク | 【編集
No title
>豚ちゃん
何でもきく・・いいですね。理想的な態度^^
必死で頑張ろうとしている奴隷に命令を下せるのなら、主人も幸せですね。
>ジュディさん
そうですね。全て主人に委ねているのですから、
言ってみて判断を仰ぐのが一番です。
>ピンクさん
そういうMならば嫌われたくなくて命令を実行しているのとは違いますね。
屈辱的な行為を本当に感謝できるように躾あげるのは好きですね。
2007/02/21(Wed) 02:51 | URL | 宗夜 | 【編集
No title
読んでドキッとしました
自分のことを書かれてるのか、と・・
嫌われたくないから、という部分が私には多いように思います。
いまは自分だけでなく、妹も嫌ってほしくない
と思ってしまう・・・
2007/02/24(Sat) 01:42 | URL | 裕子 | 【編集
No title
>裕子さん
妹さんまで心配するのなら、それは裕子さんの優しさなのではないでしょうか。
命令とは、嫌われたくないから、きくのではなく、従いたいからききますよね。
2007/02/26(Mon) 03:55 | URL | 宗夜 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/11/17(Mon) 01:19 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック