FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貴女は奴隷になることによって、
主人から何を与えられたいですか?

幸福感ですか?

性的快楽ですか?

安心感でしょうか?


人それぞれ、多様にあるで事でしょう。

そして、
貴女が何を欲し、何を得ているかを
主人は、誰よりも知っているはずです。

なぜでしょう。

それは、
心の中の葛藤
考えていること
恥ずかしい欲求..など

貴女は、すべてを調教によって、隠している場所がないほど、
少しずつ一枚一枚ゆっくりと剥されていくからです。

そしてじっくりと時間をかけて貴女の声は、理解され、
受け入れられていくのです。

結果、貴女は、丸ごと包みこまれているかの如く、
気が付くと、裸にされているのです。身体ではありません。すべて、がです。

最も見られたくない部分を晒し、
受け入れられる時、
貴女は何かが変わったと実感するでしょう。
自分の心のなかに変化を感じ取ると思います。

それが支配されることです。
調教とは、それに至るプロセスです。


では逆に、
主人は貴女を奴隷にして何を得るのでしょう?

よく考えてみてください。

貴女は、主人が何を求めているか知りたいと思いませんか。

だからこそ主人の言葉に真摯に対峙する必要があるのです。

その結果、
命令を、自分でも驚くほど受け入れたいと渇望するかもしれません。
そして、それはおおきな喜びとなります。


さて、

この話の根っこは、実はSMをしない、普通の恋人同士、夫婦間でも同じような
気がします。

SMは、これを「先鋭化」した手段・・。

この辺りは、考えをまとめて、ほかの機会に記すかもしれません。






 


ページトップへ戻る
関連記事
コメント
No title
SMの行為は、「主」と「従」の深い信頼関係と、お互いに向ける情熱や、真摯な姿勢があって初めて成り立つものだということを、改めて教えていただきました。
普通の恋人同士、そして、特に夫婦を長くやっていると、SMの根本にあるような、相手の心身としっかり向き合う情熱がどんどん薄らいで行きますね。それはとても残念な事だと思います。
2007/01/08(Mon) 01:50 | URL | ジュディ | 【編集
永遠の課題
初めまして、主従関の間合いに悩むことは多いですね。
SMを非日常として捉えた場合は最もきらめきを持って楽しむには年に数回の特別イベントとする方が刺激的にはなるのでしょう。
お互い、相手の欲することを敏感に感じ取れるようになるには46時中一緒にいても難しいかもしれません。・・・ 難しい問題です。
2007/01/08(Mon) 02:45 | URL | genomic2p | 【編集
No title
主様の言ってる事を出来るとほんと嬉しくなりますね~!!
主様はどんな気持ちなんだろう??っていつも考えます。でも、あんまり、聞けなくて・・・でも、ただの夫婦の時より私は幸せです!!
2007/01/08(Mon) 09:11 | URL | メス豚ちゃん | 【編集
No title
はじめまして。
初心者マーク付きの飼い犬なので、主従関係は奥が深く、戸惑う事が多いです。
調教とは、そういう事だったのか・・・なんて今更のように納得しました。
凄く、勉強になりました!!
2007/01/08(Mon) 15:47 | URL | JYURI | 【編集
No title
>ジュディさん
なるほど。エントリーの最後で、私の言い表せなかった部分は、そこなのかもしれません。夫婦にとって、お互いに向き合う気持ちは、どうしても日常生活に埋没していくのでしょう。一年に一度でも、その気持ちを思い出せると良いのですが。
>genomic2pさん
はじめまして。そうですね・・。
主従の「距離感」については、考えさせられます。
そのうち書きたいな、と思ってきました。
>メス豚ちゃん
主従によって、ただの夫婦の時より幸せ、だと感じるとしたら・・
・・考えが深まります。
ちょっと大昔の夫婦関係を調べたくなります。
>JYURIさん
はじめまして。ありがとうございます。
納得・・とても嬉しいです。
これからもどうぞよろしくおねがいします。
2007/01/08(Mon) 19:42 | URL | 宗夜~shuuya~ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/12(Fri) 11:14 |  |  | 【編集
No title
リンク依頼ありがとうございました。
私の方でもリンクしていいですか?
2007/01/13(Sat) 17:32 | URL | 悠里 | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/01/11(Sun) 23:11 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。