FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

何年か前の話。


奴隷を連れて食事を愉しもうと、ある一軒の店。


小さなエスカレータを使って上がると、その店はある。


予約名を告げて、

薄暗いエントランスから迷路めいた通路を案内してもらい、

暗がりの中の個室に到達した。


岩をくりぬいたような造形の小部屋は、おのおの独立しているから、プライバシーが保たれている。



瑞穂は、「素敵なお店ですね」と言った。


テーブルに、90度斜めに向き合って座る形で、自然とお互いの距離は近くなる。

近くはあるが、最大限、瑞穂は遠慮がちに私から少し離れて座った。


テーブルの上には小さな蝋燭があり、表情が微かに分かる。

いきなり近くに座ることなどしない控えめな行動は、見ていて繊細な気持ちを感じる。

笑顔とは裏腹に、瑞穂は少し緊張しているようだった。



ひととおりの注文をしてしまえば、あとは普通の会話が弾む。

仕事のこと。趣味のこと。

色々な話題に転がる。

ただし、ときどき際どい話しを織り交ぜてみる。



そんな際どい話しをしていても、徐々に瑞穂の緊張がほぐれてくる様子が分かった。

なぜなら大胆に私に視線を絡ませることが多くなるから。


それでもあくまで控えめに。

それが色香を漂わせているように感じた。

瞳の奥が何かを求めているような瞳だった。



一時間ほど経った後、化粧室に立つ女の背後から、私は唐突に命じた。


はしたない内容。

下着とストッキングを脱いでくるように。


女はそんな言葉を待っていたかのような顔で、はい、と返事をした。



化粧室に行き戻ってきた奴隷の表情は先ほどとは違い、さらに色気を纏っている。

美しい表情だ。

暗い小部屋だったが、短いスカートから生々しい脚が伸びている。




少し肌寒い室温だっだので、

「寒いか?」ときいてみる。

女は首を横に振った。いいえ。


少し間を置いて「熱いか?」ときいてみる。

女は躊躇った後、小声で「身体が熱いです」と言う。



瑞穂のぴったり揃えられた脚の間に、私は足先を滑り込ませると、

強制的に両脚を開けさせた。

暗い個室のテーブルの下で、瑞穂の脚は広げられる。

つい閉じようとする彼女に対し、軽く足先でふくらはぎを蹴る。

びくんと身体を震わせて、タイトスカートギリギリまで広げつづける。

「そのまま、その状態でいなさい」




そういう時間は、

SM的な派手さはないけれど、とても淫靡な匂いがあると思う。


私からすれば、鞭を打っているときと変わらぬ心情になる。

物理的な快楽を与えずとも、瑞穂は体温を上げ、軽く汗ばんでいた。




手を握ると、強く握り返してきた。









ページトップへ戻る
関連記事
コメント
こんにちは。
暫くぶりのエントリーを拝見できてうれしき思いました。

私はこういった経験はないのですけれど、瑞穂さんに同化するような気持ちで読ませていただけました。
自分だけが淫らなすがたで居ること。
空間を淫靡にしてしまうこと。
温度を変え湿度を変化させ、もしかすると匂い立たせるものもあるかもしれない。
そんな不安と羞恥。
心がいっぱいの時間であったと思います。
2014/10/26(Sun) 09:54 | URL | とうこ | 【編集
とうこさん

お久しぶりです。素敵なコメントありがとうございます。

自分だけが淫らな姿、空間を淫靡に、という表現、まさにそうですね。
仰られるとおり、そういう時間には、温度と湿度が変わって感じられます。

奴隷の気持ちの高揚が伝わって来る非常に心地よい時間です。
2014/11/02(Sun) 20:43 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
こんにちは
宗夜様 ブログの方へわざわざ遊びに来て下さって、有難うございました。m(_ _)mそれにコメントまで下さり、嬉しかったです。

宗夜様の記事を読ませていただきながら、共感するところの多さに驚いてしまいます。

こちらの記事の
SM的な派手さはないけれど、とても淫靡な匂い。
鞭を打っているときと変わらぬ心情…

すごくよくわかる気がしています。。

たとえ一つも触れられていないこのような状況でも
恥ずかしいご命令をいただけている時間は
実際にご調教を受けているときと同じか、それ以上のドキドキがあると感じてしまいます。

読んでいる私まで恥ずかしさを感じるようでした。。^^;

ありがとうございました。(。´_`。)

2014/11/12(Wed) 10:37 | URL | ゆな | 【編集
ゆなさん

共感が多いとはとても嬉しく思います。
ゆなさんが綴っている言葉の内容と、私も近いものがあると感じましたよ。

この記事は、
SMはハードな行為以外の部分も表現したくて書いてみました。

そうですね、裸で受ける行為とはまた別の喜びがあるのだと思います。
羞恥にまみれる奴隷の表情は良いですね。
それをを感じていただけたなら、嬉しい限りです。
2014/11/14(Fri) 01:05 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
はじめまして。
ランキングよりお邪魔しました。
記事を読ませて頂きながら
ひとり妄想して
ドキマギしてしまいました(^^;
こんな関係もいいですね。
次回の更新も楽しみに
またお邪魔させて頂きます。

2015/01/08(Thu) 16:07 | URL | 咲(サキ) | 【編集
咲さん

はじめまして。ご来訪ありがとうございます。

わたしも思い出すように妄想して書いた記事ですから
そういう感想いただけるととてもうれしいです。

なかなか更新できずにいますが、
懲りずにまたいらしてください^^
2015/01/08(Thu) 22:41 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
初めまして

こんな関係素敵ですね。

SMはなくても主の視線、声、体温だけで十分かなと思ってる私には共感出来ました。
共感するということは主だけはしたない所を見られたい、主だけ淫らにされたいと思ってるかもしれません。

道具を使わなくても指示をする、される関係でこんなに淫美に変化するものなんですね。

2015/09/09(Wed) 22:10 | URL | 風 | 【編集
風さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

SM行為を介さないで十分というのは、とても興味深いですね。
その場の空気だけで支配するというのは、Sからすると、大きな愉しみがあります。
そこから直接的な行為に至るなら、違った光景が味わえるからです。
2015/09/11(Fri) 01:30 | URL | 宗夜 -shuuya- | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック