FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私は色気がある女性が好きです。


M女性に色気があれば、それだけで調教が華やかになります。

(逆に女性も、色気がある男性を好むのではないでしょうか)



「躾け」のひとつに奴隷の色気を増やす、ということがありますから、

それについて、少し考えてみました。





さて、色気とは英語にすればセクシーですから、性的魅力のことを意味します。

セクシーと言って、ぱっと思い浮かぶものでいえば、

胸が大きくて、腰がくびれていて、身体のラインを強調した服を纏って、

という外見的な身体を想像してしまうでしょう。



しかし、女性の色気とは必ずしもそれだけではないと感じます。

たとえば調教前の何とも言えないM女性の表情は、

期待と不安と身体の火照りから、なんとも言えない色気があります。

羞恥の中で恥ずかしい自分の気持ちを言うときの表情や、仕草。

微笑む表情。

それらは、特に自分で意識していなくとも、心の中から溢れ出てくるような色気です。



心の中から溢れ出てくる・。



これはシンプルに言い換えれば、感情表現のひとつだと思います。



「私はセクシーとはほど遠い身体・顔だから、無理」と思い込んでしまうことは損です。

たとえば「私は雰囲気が幼いから色気は無理だ」と決めつけてしまうことも同様ですね。



SMには羞恥責めや、緊縛など、かなり恥ずかしい行為をすることになります。

これが色気を増す原因のひとつなのは、事実です。

しかし、そういった、SM的行為、強い快楽のある行為だけで必ず色気が出てくるとは限りません。



それよりも、自分の感情表現を素直にすることを考えて見てください。

特に性的な行為に対する感情です。

もちろん、貴女の主人の前だけで。


意外とそれを意識する女性は少ないと感じます。

なぜなら、どうしても隠してしまいますよね。

恥ずかしいですし、はしたない。

淫乱な女性に思われたくない・。

女性によっては、自分の気持ちを隠して、別の感情表現を使ってしまうことさえあります。

(それが透けて見えるのは、それはそれで好きですが・)



そうではなく、貴女が、溢れんばかりの性的感情表現を持った上で、主人と接する。

具体的には、なるべく表現するよう考えてみる。

特に主人に対する性的感情表現をポジティブに捉えていれば、

仮に恥ずかしくて表現しきれなかったとしても、

その時、そこには色気が漂っているでしょう。


それは自分が意図して出すものではないです。

滲み出てくるものです。


単純に露出度の高い服装では得られない、

滲み出る仕草だったり、言葉遣いだったり、表情に表れてきます。

そういう色気のような「曖昧なもの」を躾けること。私は好きです。

そういうM女性は、美しいと感じます。

よいですね。









関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。