FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
結愛の心を覗く。



すると、そこには怯えて萎縮しきった塊(カタマリ)がある。



長年の垢が凝固したような白い塊(カタマリ)だ。

時間をかけて形成されたそれは、小さい。

私が触ると簡単に粉々になりそうなくらい。



ちっぽけな塊。

鍛え上げられたものではない。

どちらかというと、守って、保護して、傷つかないようにしてきたように見える、心の中の塊。



結愛のように、ちっぽけな塊が心にある場合、

困難な状況や、できない事に対して、簡単に「自分にはできない」と決めつけてしまう傾向にある。

そして、塊(カタマリ)守ろうとする気持ちが強い。

守りにエネルギーを使うため、生きていくのが苦しい、いう感情に支配されている。



逆に

この塊を自ら鍛え上げてきた人間は強く、多少の事ではめげない。

失敗や自信喪失があったとしても、這い上がってくるだけの力がある。

守らなくてよいために、生きづらいとは感じていない。

自分の感情に支配されていない。




目の前にいる、結愛は、私の奴隷になりたいと言った。

自分には支配され、厳しい調教と躾けが必要なのだと言う。

切望している、とも。

長い時間をかけて考えた事だという。



私は言った。

調教するには、その塊(カタマリ)自体を晒し出す必要がある、と。

結愛は、それでもいい、と言った。

そして、覚悟はできています、と続けた。



そこで、私は子細に塊(カタマリ)を観た。

結愛の塊(カタマリ)は、とても小さかったので、

それを守るために、

やはり強固な殻(カラ)があった。



クルミのような、固い固い殻だ。鎧と言ってもいい。

他者に簡単には壊されないように、

または他者に触れられぬように、

柔らかい塊(カタマリ)を保護するために、殻(カラ)を作ってきたのだ。長い時間をかけて。

傷つきそうになると、殻(カラ)で守る。



生きていくには、塊(カタマリ)自体を鍛え上げなくてはならないのに、
殻(カラ)を作ってそれを守って生きてきてきた女。

それが結愛だった。




私は、再び言う。

殻の中身をさらけ出して調教しないと、私は愉しめない、

殻の中身を所有したいのだ、と。

女はそれでも良い、そうしたいと、

好きにしていただきたい、と必死で答えた。



調教で殻(カラ)を壊すのは簡単だ。

本当にそれでも良いのか、と、問う。

結愛は頷く。





そこで私は、いつものように、殻の一部を壊し、

そして、中の柔らかい塊を晒し、調教を始めた。



すこし調教を進めると、

女は、毎回のように殻を壊される命令に悲鳴を上げる。

初めの熱意はどこかに隠れ、女はこそこそと必死で、言い訳を口にしながら、殻を修復させようとする。

自分の感情にしがみつく。



女は言う、私にも色々な事情があるので、殻をたくさん壊すことは難しい、と。

今までの自分が自分でなくなると。



私は呆れる。

言い訳を聞きながら、私は何とも言えぬ感情になる。



確かにそうだろう。

長年、殻(カラ)で守って生きてきたのだから。それは苦痛かもしれぬ。

必死で守るから、小さくて脆い塊(カタマリ)。

いつになったら、殻(カラ)がいらない状態になるのだろうか。



だが、女は本能的に知っているのだ。

自分には殻(カラ)なしで生きていく力。強い塊(カタマリ)が必要なことを。

そして絶対服従という身分でこそ、自分に必要なものが得られることを。



そして私も知っていた。

殻(カラ)は、何も女自ら望んで作ったわけではなく、

そうせざるをえない、事情があった。



塊(カタマリ)を晒せない奴隷は、奴隷にしない。

私の愉しみは少なく、主従とはほど遠い。

だが、それでも、塊(カタマリ)を晒すと誓った女の、その言葉を信じたくなるときがある。






関連記事