FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
水音は顔立ちがはっきりとしている女。

顔の彫りが深いため、ハーフにも見えるが、
純粋な日本人だ。

みるからにMとは感じない。

普通に知り合っていたら、Mかどうか気づかないだろう。

それが端的に顕れているのが、だ。

瞳をのぞき込めば、Mであるか分かる事がある。
そこには直感的に感じさせる何かがあるから・。


だが水音の純粋な視線にはそれがない。

遠慮のない瞳で私をじっと見つめ、

羞恥心を含んでいないそれは、
脅えてもいない。

真摯に私と向き合っている・・・そんな印象を抱かせる。

だから私は調教を始める前、
水音からそれほどM性は感じていなかった。



はじめて調教した日のこと。

水音は拘束され床に身を横たえている。

「これから踏んでやる」

水音は小さく「はい」と返事をして
ほっそりとした裸体を上向けた。

予め踏むことを伝えていたわけではなかったから、

素直に返事をした水音に、意外感を感じつつも
どういう反応を見せるのか・・

私は楽しみにしながら、
左足で顔を踏みつける。


そして少し力をかけた。



水音の口から悦びの声が聞こえた。

まるで性器を弄ばれているかのような甘い声。

踏んだだけで声を震わせる女は私好みの強いM性を持ち合わせている。


頬に乗せた足指を
唇の方にずらし「舐めろ」と命じる。

水音は自ら舌をのばし

躊躇わず足指に奉仕する。

その姿は、
無心であり、

命じられたから無理にしているのでもない。
とても自然な振る舞いだった。


そして指の一本一本を口に含んでいる顔を
強く踏んでやると、

荒い呼吸と共にまた一段と高い声がきこえる。



自分の身体が誰に所有されているのか。

水音はそれを心で感じ取っている筈だ。

自分のM性を開花させ、声を震わせ、

初めての体験に悦びを味わっている筈だ。


結論。

私のM性を見分ける目など、あてにならない、ということだ(笑)

愉しい誤算である。







感想等はこちら

ページトップへ戻る
関連記事