FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調教を開始する際、奴隷は必ず挨拶をしなければいけません。
正座して頭を下げ「調教おねがいします」というのが最もシンプルなものです。

と書くと「絶対に無理」と思う人もいるかもしれませんね。

ひどく恥ずかしい事、屈辱的な事に思えたり、拒絶的に感じる方もいます。

その一方で
その行為だけで濡らしてしまうM女性もいます。

調教は始まっていないので、まだ服を着たままかもしれません。
指一本触れられていない。
挨拶しなさいと命ぜられただけ。
それなのに、ご挨拶の言葉を口にしただけでその世界に引き込まれるのです。

しかし、初めて調教を受けるM女性がいるなら、
恥ずかしい思いをどうにか抑えて、やっと口にすることができるかどうか・。
できない可能性も高い。

もしかすると服を脱ぐことよりも抵抗感があるかもしれませんね。


どうしてそんなことを命じるのか・。



屈辱的な行為に「感じさせる」ために命じているわけではありません。


それは礼儀作法だからです。
つまり躾け。



貴女は躾けられたいと感じますか。

自分に対するその必要性を感じるなら、

それは痛切に、そして本能的な内なる欲求ものかもしれませんね。









感想等はこちら

ページトップへ戻る
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。